プロト・サティーンクラブ紹介

 1978.2月4日に神田にあったスパイクモデル社長の発案でプロト・サティーンクラブが発足しました。クラブ発祥の地イギリスに倣い、クラブの持つ閉鎖性は残しながら、家族ぐるみで付き合えるようなクラブにすることとしました。長く続けるためには対立による分裂・崩壊が起きないように入りたい人を選ぶことになっており、入会したい人は会員の紹介後、了解を得てしばらく例会に参加してもらい、総会で全員一致の承認がないと会員とは認めないことになっています。
 当初はスパイクモデルに任せきりでした。2年目に('79.12)に、メンバー紹介の小冊子をつくりました。このときの会員数は12名でした。鉄道模型は車両が完成した後も走らせる楽しみがあり、走る舞台であるレイアウトを作る楽しみもあります。走らせる13mmゲージを目指し、組立式のレイアウトを作成してます。初代は複線エンドレスに待避線のみで、短命でした。
 2代目は雑誌「とれいん」'80.2・3月号、62.63奥村皓一氏が発表しています。2代目まではスパイクモデルに負うところが多分にありましたが、スパイク・モデルが神田の店を閉めたため、2代目レイアウトの保管場所もなくなり、今まではとは異なり、全く独自の運営を行うことになりました。スパイクモデル川口氏も一会員として参加しています。
今まで何となく行われていた活動を、会則を定め、毎年1月には総会を行い、前年の活動報告と会計報告をし、翌年の活動指針と予算を承認するようになりました。レイアウトも3代目を作成する方針を決め、どこでも何時でも設置できる企画を決めクラブ員で費用と労力を出し合い現在使用しているものとなっています。この原動力が「第1回鉄道模型合同運転会inTOKYO」の開催に一役買ったものと思います。
 現在、会員は30才代から60才代まで23名います。例会や総会の会場が確定していないため、毎月第○×曜日という決め方ができていません。戸塚のサンライフ横浜での開催が多く、夏休みには沼南町公民館での開催もあります。例会の時にはレイアウトを設置し、運転することを常としています。会場費、レイアウト維持制作費、通信費と会員の負担は軽くはありません。会員各自ができることをできる範囲でクラブに関わっていく方針で、今後も1/80・13mmゲージを楽しんでいきます。