(今回のお題)
【こだわりの模型】

【ごあいさつ】鉄道趣味(鉄道模型)への思い入れ
鉄道が好きで列車を追いかけ、鉄道模型を趣味として30年以上が過ぎました。学生の頃は金が無なく、社会に出てからは時間が無く、近頃は根気が無くなってきました。無いものを融通しながら、途中で浮気をしたこともありますが、鉄道を、鉄道模型を趣味として楽しんできました。「心象風景をシーナリィに置き換え、お気に入りの車輛を実物同様に運行させる」という最終の楽しみまで、まだ長い道のりが残っています。
 自然を観察し、気候風土に根差した生活を感じ、車輛のメカニズムを理解し、列車を動かすシステムを学び、それらを模型に置き換える為には木工・金工・電気など浅いけれど多様な技術を必要とします。
 同じ趣味を持つ仲間と社会人として付き合いができ、情報交換をしてきました。鉄道趣味を含め自分自身の生き方は、志を忘れず、恒常的に努力し、分別ある高潔なサムライ、狂狷でいたいと思います。

 狭軌通信2号車。今回は、鉄道模型へのこだわりを持って製作した車輌を紹介します。レイアウトに心象風景を再現し、その時代の気に入った車輌を乗せればよいのでしょうが、今回は車輌だけです。モジュール規格もしくは組み立て式レイアウトのある区間に風景をはめ込むことができるようになるときまでお預けです。
 会員の思い入れ、こだわりを込めた車輌を共に味わってください


◆塙 通孝  【テーマ】国鉄の非電化ローカル線(水戸〜郡山を結ぶ水郡線)
 私がこだわりを持って模型にしたい心象風景は、高校時代にお世話になった国鉄の水郡線(非電化ローカル線、水戸〜郡山を結ぶ)で、1970年代を中心にして、過去と現在に幅を広げて行きたいと思います。
 水郡線の全通は昭和9年(1934)12月1日で、現在も廃止されずJR東日本に属しています。今回は1972年330Dを作りました。先頭の水戸方からキハユニ15+キハ25-300+キハ35の断面の違う3両です。

↑1972年 水郡線(上小川〜袋田)
【モデルについて】
 動力はキハユニ15とキハ35にスパイクモデルの「モータートラック」を各1個使用しています。
・キハユニ15−8 フジモデル
湘南タイプの2枚窓の前面、この車輌が先頭に立ってくる列車に出くわすと何故かワクワクしました。後に首都圏色になり金太郎の塗り分けで無くなってしまってからは寂しいものを感じました。
 キハ15から改造された合造車で運転席側の2扉を荷物と郵便に使用しています。電気式から液体式になりDMH17Cを乗せていました。床下機器が本来の気動車の床下機器セットでは間に合わないものがありました。一部電車用を加工しています。
 主な改造・追加パーツ:正面と妻面にステップ、標識灯掛け、ワイパー、手すりの位置修正、点検蓋、客ドアガイドレール、信号煙管、ステップ、排気口、DT18(日光)、モータートラック(スパイク)、床下機器(日光)
・キハ25−302 しなのマイクロ
 新製から300番台14両すべてが水郡線に配置されました。後年真岡線に転属しましたが、最後まで水戸鉄道管理局内に留まりました。オレンジとクリームのツートンカラーは水郡線に席を置いたときだけです。
 ドアがプレスでへこんでいるだけなので抜き落とし裏から別パーツで張り付けてあります。テールライトの位置が高いことに後で気づきましたが、そのままにしてあります。次回の工作からは正規の位置に着いているキットを使います。
 DT22(ムサシノモデル)、床下機器(しなのマイクロ・フェニックス)
・キハ35−158 フジモデル
 通勤型の気動車版。外吊りのドアのためドア開閉表示円錐型、製品がなかったときで挽き物のブレーキシリンダーのテーパー部分に頭を丸めた真鍮線を植えてあります。丸め方が下手で凸凹の坊主頭になってしましました。
 追加パーツ:正面と妻面にステップ、標識灯掛け、ワイパー、手すりの位置修正、信号煙管、排気口、

◆森橋隆宏  【テーマ】大量輸送の王者、国鉄からJRまで

私の模型の世界は国鉄が大量輸送の陸の王者として君臨していた
1970年後半から現在までの首都圏を運行している、国鉄、JRの車両を
製作しています。
特に好きな車両はEF58.101系以降の新性能電車です。
年間製作両数30両を目標に私自身のこだわりを持って楽しく製作しています。





←森橋氏の代表作品、JNR155系






【おまけ】鉄道員(ぽっぽや)の喜・悲劇
クラブ会員の皆様「毎度」でございます。モハシ工房でございます。今回「国鉄155系修学旅行用電車」の製作にあたり「修学旅行用電車」の思い出をレポートさせていただきます。
「修学旅行用電車」といえば今回製作の155系「ひので」号が有名ですが。実際に運転したかって?…残念でした。私はそれほどシニアではありません。また、私が京都へ修学旅行に行った時はすでに「東海道新幹線」を利用していました。(私、個人としては155系で行きたかった…)155系ひので号は昭和46年に運転終了しています。
順次、湘南色に塗り替えられ、冷房改造されることなく、昭和57年に僚友の159系共々、過去帳入りしています。しかし、現在も修学旅行用電車は運用されています。田町電車区に配属されている167系ですが、この車両、現在は3タイプのものが存在します。現場用語では「メルヘン」「アコモ」「一般(ウラではボロ車と言っている)」の3タイプです。それぞれ座席が異なり団体臨時電車としての用途によって運用分けがされています。また、暖房の電源の方式など専門的に扱いが違うので、混成編成のときには気をつかいます。
今回のレポートは、現在の姿になる少し前…そう、167系が修学旅行色から湘南色になり、冷房改造が終了した時期の昭和61年ごろのエピソードです。
専門用語になりますが(私たちのクラブの会員の皆さんは勿論鉄道にたけていらっしゃるから平気で使わせていただきます。)
「修学旅行用専用列車」は一般的な言い方で、部内では「学童専用臨時列車」と申しております。通称「学臨」(がくりん)と言っていますが、現場では「がくりん」の「く」の字を「き」に置き換えて言っています。たとえば、職場で同僚などから「今日の仕事はなに?」と聞かれると「きょうは、か○臨で、小田原一丁!」と言う具合です。(子供たちゴメンね!)
 そう、私が昭和61年に「が○臨」を担当したときにその出来事がありました。神奈川県在住で東海道本線沿線の小学校の生徒は春と秋に日光へ修学旅行に向かいます。現在は167系の出番ガ減り新前橋の11両編成が使われますが、当時は167系11両編成をを使用していました。(現在では167系一般車では、11連は組成できない。)
当日の朝5:47に出勤し、電車に向かいます。パンタを上昇し、所定出区点検を行い、品川発
6:57で一路東海道を平塚に向かいます。平塚で折り返し、ホーム上で車掌と「どこの駅で乗客があるのか、弁当の積み込みは、どこの駅か」などと、打ち合わせを行い、往路の回送電車から折り返し「修学旅行」電車に変身です。
 平塚のホームで今度は前になる車両に乗り込みます。その前に前頭の後部標識と前頭種別幕(通称、前サボ)、列車番号の確認をします。換呼は「後部標識、前サボ、列番ヨシ!」です。しかし、前サボが「回送」のままだったので、早速、訂正。運転台に乗り込み、貫通扉の上の鉄の小窓を開けてハンドルを回します。回送→団体→臨時→試運転…とドンドン回していきます。「団体」の表示でもいいのですが、、私としては「修学旅行」の表示を出したくなります。せっかく子供たちが乗車してくるのだから、写真も撮られるし…。塗装は変更されていても、かつての167系本来のサボ表示があるはずです。ドンドンまわすと「大阪→京都→浜松…」など、いろいろな駅名が出てきます。運転室で背伸びをしながら前サボを回すのは正直言ってシンドイのですが…。出ました、出ました。貫通扉の上の小さな窓に「修学旅行」の「修」の字が…見えました。「よし、これでレッキとした、ガ○臨だ!戸塚の小学生よ、待っててネ!」と、ばかりに平塚を発車。
 道中は通勤電車が先行しているので、それほど飛ばさず「定時運転」を。そして戸塚に進入します。待っている、待っている、大きなリュックを背負った子供たち、ホーム先端では先生らしき人がビデオカメラで撮影をしている。停車後、ドアが開き子供たちの乗車がはじまります。専門用語で「客扱い」。乗車終了で車掌からのブザー合図で「定時発車」一路品川へ向かいます。途中は順調。快調にとばします。
 品川は臨時ホームの9番線に到着。以後は他区の乗務員に引継ぎ、折り返し一路日光を目指します。「9881M編成で11両で、異常ナシ!」と通告し、引き継ぎ交代です。そして電車を離れる前に再度、後部標識の確認です。と、指差し換呼している私は金縛りにあいました。な、なんと前サボが「修善寺」になっているではありませんか!「修学旅行」の「修」の字と思い込んでいた「修」の字は「修善寺」の「修」だったのです。赤面、赤面。まったくあきれて絶句したのはいうまでもありません。そういえば、交代した運転士もチョッとけげんな顔をしていたなあ〜。慌てて運転台に入り、今度はキチンと「修学旅行」と表示したのはいうまでもありません。
 チョッと待てよ。それでは、戸塚のホームで撮影をされたビデオ・写真は?。そう、修善寺行きの電車になっていたのです。旅行が終わって、家で写真を親に見せた子供たちは、その親に「あんたたちは、日光にいったんじゃなくて、修善寺に行ったの?」などと言われているのではないかと人ごとながら、迷惑をかけてしまったのではないかと反省をする、私です。それ以降、サボは前も横も十分確認するようにしています。…反省…
 今も、どこかに「修善寺」と表示した日光行きの写真・ビデオが存在するはずです。旅行の楽しい思い出とともに…。

◆中澤 泉  【テーマ】お手軽に「狭軌感」
本来このゲージは蒸気機関車の幅やシリンダーブロックをちゃんと表現しようと言うこと
から始まったものかと思いますが、残念ながら今現在、私は1両も13mmゲージ蒸気を持っ
ておりません。
では、「なんで13mmゲージをやってるの?」と問われれば、その軌間と車輌の大きさが醸
し出す「横から突っつくと倒れそうな感じ」と言う敏妙なバランスを模型でも表現したい
からと言うことになります。その「感じ」を表現するには当然12mmゲージもあるわけです
し、まじめに蒸気をやるなら変に既存パーツの流用を考えなければならない13mmゲージよ
り、全て新規の12mmゲージの方がスッキリ出来るかも知れません。また、既存の16.5mmと
デュアルゲージをやるには12mmゲージの方が都合良いですし、新在直通が始まり719-5000
が現れたときなどはクラッと来たものです。
でも私は「ちょっと古めの箱物」が守備範囲でしたので台車回りだけでよい13mmゲージで
十分でした。

↑中澤氏の改造作品、KATO.DE10

そのことを決定付けたのはやはりKATO、Tomixと言ったプラ車輌の台頭と言える
と思います。
最初はプラ整形の台車やギヤボックスはとても改軌出来ないと思いましたが、1両潰す
つもりで始めてみると案外出来てしまうもので、その後はご存じのとおり発売される度に
買い込み、次々とでっち上げております。本当は旧型電車の「長軸」「短軸」の世界が好き
なのですが、KATOのモハ41+クハ55以外はありませんのでこちらは現在開店休業
状態です。

↑13mmに改軌をしたKATOのDE10 定価\14,000-でもこれだけの狭軌感がでます。


「なにもプラ車輌を13mmにしなくたって」と言う意見の方もいらっしゃると思います。
それはそれで正しいかも知れませんが、私はこのゲージが特別なものと思って居ず、
いろいろなディテーリングに凝るのと同じような感覚で、車輌の大きさにあった軌間を
走れるようにしているだけと思ってます。プラみたいな安い車輌でも改軌すると、特別に
車輌に手を加えなくても「キリッと」見えるように思えるのは、単なる自己満足だけでは
なく、軌間と車輌のバランスが、「これでもか!」って位のディテーリングに勝る効果が
あるからだと思います。
でも、1/80,16.5mmゲージ、バンザイって言っておきます。
こっちがないと13mmゲージは成り立ちませんからね!!(^^ゞ

◆山口雅三  【テーマ】 磐越西線を行く普通列車


↑ED77型電気機関車が引く32・35・43・61系客車と50系郵便貨物合造車)

 青い空と白い雲の下、朝のそよ風吹く森の緑の中を見え隠れする「赤い電気機関車と屋根の色もまちまちな青と茶の客車」の再現を目指しました。
【編成】
@スハフ32 2186(茶) オハ35 2556(青) オハ61 2716(茶) オハ61 2717(茶)
Aスハフ42 2160(青) オハ47 2327(茶) オハ47 2323(茶) オハ35 2064(青)
の4連2本を基本に、後ろにスユニ50 2036(青)をつなげることにより、4・5・8・9両で楽しむことができます。
←今回の作品、ED77の牽く磐越西線普通列車
 車番・塗色は、「国鉄気動車・客車編成表82年版」を参考にしました。
【基本構成】
スハフ32 : カトー製オハフ33 + A−TRAINの窓周りキット + 日光製TR23
オハ35  : カトー製オハ35 + 日光製TR23・TR34
スハフ43 : カトー製スハフ43 + 日光製TR47
オハ47  : カトー製スハ43 + 日光製TR23
オハ61  : カトー製スハ43 + A−TRAINの窓周りキット + 日光製TR11
スユニ50 : エンドウ製
【改軌方法】
 台車をまるごと日光製に換装しました。但し、転がりが悪かったので、車軸穴を広げフクシマ製軸受メタルを埋め込みました。なお、ブレーキシューは削り取り、バリもヤスリで整形しました。
 車輪はスパイク製(W-1314:10.5φ長軸スポーク・ピボット)を使用しました。センターベアラー(P-1308)は穴を3.6φに広げ、オリジナルの+ネジをそのまま使い車体へ取り付けました。
 また、センターベアラーには0.5φ洋白線の集電用「ヒゲ」をハンダ付けしてあります。
【その他変更点】

@ブレーキ装置
 削り(毟り?)取ったオリジナルのブレーキシュー(形のよく残っているもの)を型取りしてレジンキャスティングでコピーしたシューと、エコー製のブレーキ梁セット(2672)とを、1×2mm真鍮角棒で作成した梁に接着し、センターベアラーにハンダ付けしてあります。
A端梁
 エコー製の端梁セット・ジャンパー栓受等を使用し、電気暖房仕様としました。32系・35系は旧型用と0.5mmプラバン、43系・47系は43系用、61系は61系用を使用し、現物合わせで適宜削ってあります。エコー製ドア下ステップも接着しました。50系では、0.2mm真鍮板にジャンパー栓(受)・エアホース・胴受・ステップをハンダ付け(一部接着)したパーツを自作し、床下にネジ止めしてあります。
 連結面を詰めたかったためネジ穴を床面に開け直し、プラ材で作ったスペーサーをかませました。連結器はKD37を使用することにより、ぎりぎりの高さを確保しました。胴受けとカプラーが干渉するため、胴受けはモーターツールで薄く削った上逃げを作ってあります。
Bサボ
 だるまやのエッチング製品を青15号で塗ってから、くろまやに特注したインレタ(原稿はパソコンで製作しました。字体は「丸ゴシ」。)を転写してあります。新品のインレタは貼りやすくてストレスがほとんどありません。(左写真参照)

Cトイレ・洗面所流し管
 尾崎氏にご教授頂いた方法を採用し、エコー製品に真鍮線の足を付け台車に接着しました。
Dその他
 オリジナルの幌枠を削り落とし、洋白線・真鍮パイプで作り直し、車体に接着してあります。
 カーテン(高頭アトリエ製12系用)を所々下ろしてみました。
【塗装】
 車体にはグリーンマックスの缶スプレー(青15号・ぶどう2号)とグンゼの半光沢トップコートを使用しました。
 屋根上は、アサヒペンのスエード調塗料スプレーとグンゼの軍艦色(1)を使用し、ベンチレータはグリーンマックスの灰色9号で着色してから屋根に接着しました。
 床下は、メディコムのスーパーマルチプライマーでプラ・真鍮・ホワイトメタルまとめて下塗りしてから、グンゼのつや消し黒のスプレーを吹いています。
 台車は、定番マッハのプライマーと黒色ラッカーを使用しました。
 フィニッシュには、グンセのウェザリングカラーセット(ラスト[錆]・マッド[泥]・スート[煤])を用いました。屋根上は、スハフ32>オハ61>オハ47>オハ35>スハフ42の順にスート・ラストを強く吹き、車体は台車付近にマッドを薄く、端梁にはマッドとラストをやや強く、台車は上方向からラスト、下方向からマッドを吹いてみました。
 車内は、モケット部分に青20号を塗り、32系・47系・61系は肘掛・背もたれの枠をマホガニー色に、35系・43系は灰色に塗ってあります。

【今後の課題】
 ブレーキ装置とトイレ・洗面所流し管はまだ全車両に付けていませんので、近々には装着したいと考えています。
 35系・43系は近代化更新車のため蛍光灯色、それ以外は白熱灯色と、室内灯に変化をつけたいと考えていますが、白色発光ダイオードとカトー室内灯セットの併用で良いのか検討中です。
 牽引車のED77は、天賞堂製品をいずれ改軌する予定です

◆渡邉 浩  【テーマ】私鉄電車いろいろ
 特にテーマを絞っているわけではないのですが、在籍車両を良く見ると、国鉄(JR)よりも、私鉄の電車が多くなっているので、このテーマにしました。
とくに、特定をした電鉄の電車にこだわっているわけでもないので、こんな、ぼやけたテーマになっています。私鉄電車でも大都市の大手私鉄の長大編成よりも、ローカル私鉄のコトコト走る小型の電車が特に好みです。まだ、完成品の改軌および、グレードアップが多いですが、そろそろ本腰を入れてキットの製作にかかります。
今回は、自分にもの心がついて「私鉄の特急とはこういうものだ!」と決定付けた東武DRCに焦点をあてました。
幼少のころ、いつも竹ノ塚や北千住、浅草で見るDRCは、ほぼ満席であこがれの存在でした。(その後、父の職場の慰安旅行について行き、念願の初乗車を達成!) 高校時代の通学でも東武電車にお世話になり、ほぼ毎日のように見るDRCもいつも満席というイメージがありました。

↑PTCレイアウトを快走中の渡辺氏のDRC。

一昨年、カツミよりDRCが発売となり、真っ先に購入したのは、言うまでもありません。PTCでは、13mmに改軌をすることが必須条件であるので、速攻で改軌を実施しました。しかし、改軌をして走行させると室内灯で車内が照らし出され、乗客のいない車内が回送列車のようでとても、違和感がありました。そこでプライザー、KATOの人形を乗せることにしました。いざ、人形を乗せてみたものの、いつも物足りなく思い、何回か買い足していくうちに乗客は200人あまりになってしまいました。

↑車内には、こんなに多くの乗客を乗せています。

正確な人数は把握していないので、どなたか乗客の数を数えてみてください。
車輪は、スパイク製波打ち車輪を使用しています。車輪にはグレーの色入れをしていますが、この塗料は、実際に車両機器の塗装に使用している塗料です。仕事柄、車両を分解し、車輪を職場へ持ち込み、チョコッと塗料を拝借して昼休みに内職をした賜物です。効果はいかがでしょうか。
DRCといえば、平面ガラスで構成された独特の運転席周りですが、内側から窓セルを貼り付けてあるだけでロストの肉厚も目立ち、今ひとつの表現ですが、残念ながら今回は間に合わず、そのままとなっています。なにか、表現方法が見つかれば、この部分も手を加えたいと思います。


◆横山駿一  【テーマ】213系900番代製作記
213系900番代は、通勤・通学・レジャー等が快適に利用出来ることをコンセプト
にJR東日本で使用している211系2階建てグリーン車を種車として、先頭車化及び電
動車化改造をしたという想定で製作しました。
電動車化改造に際しVVVFの1M車とし1M2Tを基本としました。M車の中には一
部機器を省略したM0車に改造を致しました。
運転区間としては、当社線内の直流電化区間全線運転可能。非電化区間及び交流電化区間
についてはDL、EL+電源車を使用することにより運転可能。
又、JR線にも乗入れ可能なように運転保安設備を搭載し運転機器もJRの規格に準拠
しています。
クロ213(Tsc)
サロ213を種車とし、1端側に運転台を新設。
クロ212(Tsc0)
サロ213を種車とし、1端側に運転台を新設、方転をして偶数向とした。
モロ213(Ms1)
サロ213を種車とし、1端側の一部及び1階部分を機器室とした。
サービス電源用として210KVAのSIVを搭載した。
モロ212(Ms0)
サロ212を種車とし、1階部分を機器室とした。
サシ213(TD)
サロ213を種車とし、2階部分に食堂を、1階部分に厨房及び売店を設けた。
213系900番代改造方法
(1) 車体
クロ213とクロ212は、カツミ製のサロ213の車体を使用し運転室前面は手持の
クモハ211とクハ210から取外し使用しました。(前面の無くなった車体が余った)
乗務員室は元の洗面所側に乗務員扉の穴を開けた。強度の関係から妻板を取り付けたまま
加工を行なったので糸鋸が使えず、0.5ミリのドリルでケガキ線にそって穴を開けたが車体
がピート表現のエッチングをしてあるため薄くなっているので比較的加工は楽でした。
各穴をつなげて抜き落しヤスリ仕上げをした後、妻板をはずして前面部分及び乗務員扉
の取付けを行なった。
モロ213はサロ213の車体を使用し洗面所側屋根上のクーラーを取外しパンタグラフ
を取付けたが、クーラーをはずすと大きな取付け穴が開いているので、穴を塞ぐためと屋
根板とするため真鍮版を貼りつけた。屋根上の高圧及びパンタグラフ動作用の配管は機関
車用のロストパーツ(天賞堂EF57用高圧配管等)を利用してそれらしく配置した。
1階の機器室となる部分は天賞堂製の機関車用パーツの側面ベンチレターを利用したがこの
パーツは窓部分にぴったりはまり感じも良く出ています。
モロ212は同じくカツミ製のサロ212を使用した他はモロ213と同じような改造を
行なった。
サシ213はサロ213を使用したが車体部の改造は無く、室内装置にカツミ製食堂セッ
トを取付けた。一部パーツはそのまま取付けられないので削って取付けた。1階の厨房に
あたる部分の窓ガラスはクモリガラスに交換した。客用扉の一つも業務用扉としてクモリ
ガラスに交換した。
(2) 室内
当初は簡単に済ませる(省略)つもりでいましたが、某雑誌にでた写真をみたところあ
まりにも殺風景なので急遽座席を取付けることにしました。座席は天賞堂製のグリーン車用
を使用し各車に取付けた。グレイでモールドされているのでモケットにあたる部分を赤2号
で色付けをした。枕カバーは白いレトラインの曲線用を使用して表現したが、この曲線用適度
のしわ状の模様?があり布の感じが良く出ている。又、この座席は3脚づつつながっていて
窓ピッチと合わないため1脚づつ切離して取付た。
(3) 動力
エンドウ製の特急用MPギアを使用した。台車はDT32が付いていましたがDT50
に取替えた。本来ですと床下機器の取付で苦労するのですが、2階建てが幸いして取付
けずに済ました。このため加工らしい加工はしていません。(床板取付穴を開け直した程度)
(4) 塗装
塗装済完成品を使用し、加工中もなるべく傷を付けないよう注意していたためほとんど元
のままです。機器室のルーバーは取付け前に銀色に塗っておきました。
先頭車の前面部分及び乗務員扉を取付の際、ハンダ付を行なったため一部塗装が熱で焼け
てしまったので、この部分のみ塗装しました。しかし、下地処理をきれいにしなかったた
め多少荒れてしまったのでいずれ塗り直すことにしています。
帯については、元の車両が湘南色で表現されていますが私の好みである緑色に変更しまし
た。この帯についてもレトラインを使用し必用な幅のものを準備しました。緑色といって
も多少青みが入っていていわゆる常磐色に近くなっています。窓下の太い部分には白色を
いれてアクセントを持たせた。(緑部分3mm 白色部分0.5mm)帯の形態は元のままとし
た。窓上のオレンジ部分は某所で手に入れたT電鉄で実際に使っている赤帯(実物に貼り付
けた時に余ったもの)を使用しましが実物で使用しているだけあって、非常に貼りやすく
感じもよい。先頭車前面の帯についても緑色(常磐線色)とし、前灯・標識灯下部に白線
をいれアクセントを持たせました。これらの改造により全くのフリーではなく、いかにも
どこかで走っていそうな車両が出来あがりました。
(5)ゲージについて
現在複数のクラブに所属し、しかもゲージが16.5mmと13mmであるためそのままでは
走らせることが出来なくなるため双方の台車を準備しました。それぞれの運転会等の前に
調整を兼ね交換しています。
(6) 終わりに
始めは2〜3両で終わりにするつもりが、思い入れもあって5両にもなってしまいしか
もまだ3〜4両増備しようと考えています。しかし、元となる車両はキットが無く完成品
ばかりなため経費がかかりすぎてしまうのでどうしたら良いか考えています。尚、車両の
一部は委託販売の中古品を使用していますが、目的にあった車両はなかなか出てこないの
が現状です。そもそもこのような車両は常磐線に2階建先頭車が出てきた時から構想を
持っていましたがここまでやる考えは持っていませんでした。しかし私が所属している別
の模型グループの中でやはり同じような改造をした人がいて車両を見せてもらってから、
これだと思い一気に作り上げました。この人はフリーが得意な人で、他にもどこかで走って
いそうな車両を数多く作っています。最近、私もこの影響をうけており第2弾を製作中です。
尚、この213系900番代は鉄道友の会模型部会の96年度モデルローレル賞を受賞しました。

◆ 川口道夫【テーマ】私がコアレス教の教祖です。
 今まで、モーターは出来うる限り、大きいモーターを搭載していたのであるが、当初EF80はフルハーベル22−33を1個搭載し、トム、トラ旧2軸車7両に鉛のウェイト約1,3kgを載せて牽引可能であった。これ以上は牽引不可能でスリップの連続であった。スリップの状況を見ると、モーターの回転力はほとんど落ちておらず、モーターの余力は十分あるものと判断した。後日このEF80はエスカップ(Fカップではない!)コアレス23−40を2個と、軽自動車にF1のV12を積んだバケモノ(野村沙知代ではない)に変身したのであるが、省エネが至上命令の如く言われる今日、我々モデラーも無関心ではいけないのでは。
閑話休題。上記フルハーベル22−33でもパワーは十二分なので、これを1個に戻し最大級のフライホイールを2個取り付け、さらなる走行性能アップを目論むつもりである。


←その後モーターを載せ変えフライホイールを付けました。

◆ 赤荻一信【テーマ】私の心象鉄道 
 昭和50年代前半を中心とした、まだ特急が特急らしさを、急行が急行らしさを保っていた頃の、国鉄亜幹線〜ローカル線を表現したい。具体的には、上越線〜吾妻線。川に沿って山あいを縫うように走る風景を再現してみたい。
 車両は70系60系115系165系と言ったローカル色の漂う電車と、1日1往復程度の雑貨(材木を運ぶトキや、ワムなど)、採石運搬のホキ車専貨など。機関車はEF12、EF13、EF15あたり。DE10でも可。日中2〜4連、ラッシュ時4連、都心からの乗り入れ車両は、優等列車7連(ホーム有効長150m程度)

↑赤荻氏のKATO165系「ゆけむり+草津」の14

 シーンとしては、吾妻線小野上駅(採石場・ホッパ等あり)、中之条駅(材木取り扱い線あり)、長野原草津口駅(電留線あり)、市城駅(行き違い設備跡あり)、万座鹿沢口駅(高架駅、行き違い設備なし)など。
 あるいは時代が下って交通施策が地域振興と合致していたならばと言う仮定で、新型車両の投入や、線路改良(高速化、フリクエウントサービスへの対応等)を行った理想のローカル輸送を実現した場合。
 基本は日中単行〜2両連結、ラッシュ時4連程度。単線だが、輸送密度はかなり高く(例:遠州鉄道)、首都圏からの観光地を控え直通優等列車もあるような路線。
 車両は、北越急行HK100、せいぜい3扉セミクロスシート(JR東海313系あたり)などを想定。
 「やっぱり観光地を控えた路線では、クロスシート車両を投入しないとさまにならないでしょ。4扉ロングシートで駅弁を食べさせられるのは、私の美学が許さない(笑)
 通勤・通学ラッシュ時間帯だって、乗車率100%〜150%くらいに抑えたいし。」
「えっ。経営が成り立つかって?趣味の世界なんだから、利用者側の論理が優先だいっ!」

◆ 長谷川興政  【テーマ】「鉄道原風景の再現」興邦夢鉄道
私にとって、鉄道模型の究極の目標は1930年代の鉄道風景の再現である。志を起ててから既に30有余年、未だ、目標にほど遠い。生来の性格からあれこれ手を出すことが多く、なかなか進まない。以下は自戒を含め、目標の再確認である。この時代、鉄道は陸上交通の王者として一つの頂点にあり、数少ない特急に乗ることはステイタスシンボルになりうる時代であった。
 再現したい風景は、多数の同型車が並ぶヤードである。客車なら、スハ32、オハ35系、電車ならモハ40、モハ43、モハ52系など。当然、機関車も同様に合わせる事になる。車体色も昔風に言えば栗色と黒色で、塗り分けなどはごく一部(それも栗色とクリーム)であり、等級表示の白、青、赤の帯が良いアクセントになるはずである。今でこそ、カラフルな列車が多くあるが、鉄道の原点は優等列車では無く、多数の普通車が主役である。
 これからも運転会では引き立たず、一般受けはしないが、地味でも同型車がズラリと並べることを続けて行く事としたい。
今年からはセクションレイアウトの製作に掛かりたい。初めに機関庫、客車庫、電車庫をまとめたものとなる予定である。
 何時終わるのか判らない有限の生涯の中でどこまで出来るか、一歩一歩進めて行こう。

◆中山幸彦  【テーマ】私のこだわり
1. フレートライナー
以前、伊勢原に住んでいた河原さんという方 (国鉄の OB で、オシ 17 10 落成当時、高砂工場長であった) から、東名高速が開通する以前の伊勢原からは一年中、富士山が見えたが、開通後は正月三が日しか見えないという話を聞いたことがある。
言うまでもなく、車が辺り構わずまき散らす排気ガス中に含まれる粒状物質とタイヤと路面のアスファルトの微粒子がその原因である。いずれも、自然界には存在しないものであるから環境に良いわけがない。また、エネルギー効率が著しく悪く気温を上昇させる元凶でもある。さらに、走行中発生する周波数の高い騒音、大規模な交通事故。トラックによる物流はまさに時代遅れ、といっても過言でない。
それに比べて鉄道による貨物輸送はどうであろうか ? 走行中まき散らすものはほとんど無く、エネルギー効率も良い。また、騒音も少ない。ちなみに、私の住かは線路際であるが、列車の走行音をうるさい、と感じることはほとんどない。 勿論、利点ばかりではない。トラックと比べて高いコスト。しかし、エネルギー効率が良いのであれば、それを支える軌道は精度を要求される。また、1000 トン以上の荷物を一度に移動させるのであるから、その運動エネルキーたるやトラックの比ではなく、列車の制御、信号システムも道路輸送と比較にならない精度が要求される。コストが高いのは当然なのである。一方、現実を見れば、JR 貨物は非常に厳しい状況に置かれている。環境保護派の立場から言えば、JR 貨物には踏ん張ってもらうしかないわけである。JR 貨物に対するささやかではあるがエールを送る意味合いからフレートライナにこだわるのである。
今回は、ホビーショップ モアの紙製コンテナを乗せてみた。最近の大型コンテナはさらに背丈が大きくなっており、いわば前世代のコンテナである。東海道線を走るフレートライナは、最大で 26 両編成である。26 両編成をレイアウトで走らせると本線を塞いでしまい、クラブ員諸氏から顰蹙を買うのが悩みの種である。模型のコンテナはコキよりも値段が高い。本来であれば、最近出た製品を載せたいのであるがサイフが許さないのである。(シクシク、涙)  ウチのコキは 4 両に KD カプラーを装備している。KD カプラーを装備した側はブレーキホース、列車標識用の反射板が取り付けられている。カプラーと車輪は実物同様、灰色に塗装してある。この辺りも、「こだわり」 の現れである。

2. 前照灯など
前照灯、尾灯、室内灯などは模型で必須のアイテムであろう。以前から、ダイオードを用いて定電圧回路を試みたが最適な電球を入手出来ず、成功した事例は持ち合わせていない。また、モータと直列にダイオードを入れるため、電圧降下がモータ回路に影響する、モータを搭載していない場合は使用が難しい、などの問題点があった。そんな折、一昨年頃から白色の発光ダイオード (以下 LED と略記) が市販され TMS 誌上で N ゲージの電車に搭載した事例が紹介された。私もすぐに試みたが、当時は抵抗を用いて LED を駆動していた。しかし、抵抗を発熱させないためにはかなりの容量が必要で寸法的にもかなり大きくなってしまうのが悩みであった。その後、定電流ダイオードを用いる方法を知り、室内用、列車愛称板の照明として、ユーロライナーで試みた。室内用にはチップタイプの LED を使し、

↑室内灯にこだわった中山氏のトワイライトエクスプレス

初めてプリント基板に実装した。蛍光灯の感じが良く出ており、好評であった。次に、エンドウ製の KTR 5000系に試みた。室内灯にはチップタイプの LED を使用し、前照灯、前サボには 3 φ のLED を使用した。前回と異なる点は、基板に 0.5 t のガラスエポキシを用いたことであり、さらに使い易いものとなった。
LED の駆動電流は 20 mA 程度であり、通常の麦球と比べると 1/5 程度である。また、発熱もなく、電球の様に球切れの心配もない。白色 LED は色が白すぎるのが難点である。透明の黄色またはオレンジの塗料を塗ると良い、と言う話もあり KATO 製の DE10の 13 mm 化に合わせて試みたがかなり改善されている。腕時計の照明用に使う電球がモデル ワムから販売されており、LED の置き換えに使用できないかと実験したところ、駆動電流もほぼ同じで問題のないことが解った。近々、蛍光灯と白熱灯の照明の入り混じった編成を考えており、どのようになるか楽しみである。

3. 銘板
鉄道車輌に限らず、工業製品には製造者銘板が付けられるのが常である。内容は、製造者名、製造年月、製番などであるが、鉄道車輌、特に機関車の場合、日立、川車、三菱、日車など各メーカーがいずれも工芸品とも言える格調高い銘板を付けている。それも年代によって、様式が異なり、単に銘板といえども結構奥が深い。たかが銘板、されど銘板、といった所であろうか。
機関車研究に欠かせない銘板に記載された製番であるが、鋳出しのものと、刻印によるものがある。鋳出しの方が見やすく、格調も高い。今はなき汽車会社の銘板中の製番は最後まで鋳出しであった。
今回は間に合わなかったが、現在改軌中の DD13 にはこの汽車会社の銘板を付ける予定にしている。

◆尾崎由明  【テーマ】603レ、606レ急行・越前
私の模型との出会いは4歳の時、エンドウのブリキの貨車が最初でした。当時としては自分の周囲にそんな物を持っている者は全くおらず、今にして思えば本当に恵まれた幼少時代だったと思います。その後、13歳で13mmゲージの存在を知り、数年後、カツミのディティールを簡素化した機関車にパーツを付ける事を覚え、さらにエスカレートしバラキットに手をつけるという具合で、20歳の春には等々13mmの世界に突入し、その後は、あとは野となれ、山となれ!状態で今日に至っています。
 私のこだわりですが、昭和43年から昭和50年ぐらいまでの北陸本線及び、それに関連した車両群を守備範囲としていますが、それ以外でも、気に入ったものがあればやるというわけで、守備範囲は拡大中です。でも、古いものが中心であることは間違いないようです。そのなかでも、特に上げてくださいと言えば、荷物車、郵便車、車掌車、有蓋緩急車です。
 模型を製作するときのこだわりは、まず、あたりまえのことですが、しっかりと安定をした走行をし、既製品と並べても見劣りしない最低限のディティールを有する。ということです。しかし、このディティールというやつがやっかいなもので、その基準をどこに置くかが、人それぞれで全く間違いは無く、はっきり言ってどれもが正確なのであります。要するに自己満足の世界なんですね。これが。
私の場合、見えるところは自分の腕が追い付く範囲で、やれるとことはやる。と、いった感じです。ただ、もっとも注意しているのは、バランスです。一時期(いまでも、そうかな?)、「ロストのてんこ盛りのような機関車」といった感じの表現がはやっていたようですが、はたして本当にこれでいいのか、強く疑問に思うのであります。これも製作者の表現のひとつであって、また、それらの部品をバランス良く配置することも技術のうちで、例え、てんこ盛りだったとしても「できるだけ、実写に忠実に」と考えるのであれば、そういう作品もそれで良しです。重装備の実車は必要とされるから、その様な装備になるわけです。それが模型だと、なぜ「てんこ盛り」や「ロストの塊」と言われなければならないのか。これは、絶対におかしい。好き嫌いも関係してくるであろうが、バランスよく(水平、垂直も含めて)配置されていれば、きれいにまとまるものと思います。もし、これが「見苦しい」と感じるのであれば、バランスが悪いのだと私は個人的に思います。私のこだわりは、どれを残して、どれを省略するかも含めた全体的なバランスです。
今回は、この部分を特に意識して、603レ、606レ【急行・越前】の編成を製作しました。編成は次のようにしました。
  マニ37 2006(岡山 スロ60改)、オロネ10 2016(FUJI)、オハネフ13 2607(フェニックス)、オハネフ13 2608(フェニックス)、スハネ16 2095(フェニックス)、スロ62 2059(FUJI)、
オハ46 2515(FUJIスハ43改)オハ47 2233(フェニックス)オハ47 2231(フェニックス)、
オハフ45 2014(フェニックス)

仕様 
S50-3以前の編成としたが、オハ3両は、当時、富山に所属をしていたものの、その後、福井へ転属して【越前】に組み込まれたので、好みで選びました。仕様は、以前に製作した12両の荷物車と同程度です。


↑尾崎氏の越前。牽引機はムラサキ会、勝瀬氏のEF62(写真提供、中澤氏)

 12両の荷物車より、4年目の今年は、ムラサキ会勝瀬氏との協作で、急行【越前】10両編成を合運出発前日まで、製作していました。途中、天候不良により、工程の変更が生じ、室内が間に合いませんでした。また、2000年10/6には、鳥取西部地震により一部車両が落下、破損しましたが、とにかく、なんとかまとめました。カマは勝瀬氏の担当でした。
※ 詳細は、月刊とれいん2000年12月号をご覧ください。

【狭軌通信2号車】編集後記
あれは昨年3月のプロトのオフ会の帰りでした。「例会情報のグレードアップをしたいけど、やってみない?」という会長の一言に、酔った勢いで「ハイッ!」と返事をしてしまい、昨年、4月より例会情報の編集を手伝うようになり、いつのまにか狭軌通信2号車の特集【こだわりの模型】の編集長になってしまいました。一昨年の第1回東京合運で、運営を携わるうちにプロト内でもなんか「自分にできることはないのか?」と思っている矢先のことです。
 編集を任されたころは「まだ、日にちは充分あるし、なんとか、なんべぇ」ぐらいに思っていましたが、思うように原稿が集まらず、おまけに昨年暮れ、パソコンはクラッシュしてしまい、みなさんからお預かりした、大事な原稿をなくすという、大失態を演じてしまいました。(その後、パソコンで世話になってる友人の事務所で、バックアップが間に合っていることが判明。事なきを得ました。)
 正直言って、一時はどうなることかと思いましたが、年が明けて新世紀を迎え、最後の追い込みと、メンバーのみなさんの協力で、なんとか編集を間に合うことができました。
 当プロト・サーティーンクラブの面々の「ただ、足回りにこだわるだけでなく、こんなとこにも思い入れがあるんだゾ」という部分を感じていただけたでしょうか? そんなクラブのメンバーの【こだわり】が少しでも感じていただけたなら、御の字です。
 この、小冊子「狭軌通信」は、不定期の発行ですが、なにせ会長の趣味がローカル線なので「2、3両もあれば、充分じゃない?」ともいいかねません。はたして、次の発行はいつになるのでしょうか。
 最後に、取材が間に合わず一部の方の記事には写真を掲載することができませんでした。大変申し訳ありません。また、こんな大バカ野郎の編集長に、文句1つ言わず、長い目で見てくれた、事務局の方々、会長、そして今回の特集に執筆をしてくださった方々にここで、御礼を申し上げます。
編集長 渡辺浩


※html化の際、文字と写真の配置は変更いたしました。(担当者より)
作成(2001/02/09)

戻る