Tomix電車一般
(DT21、DT32、TR64、TR69、TR235)

ご注意!!
ここでの作例はトレーラー用台車のみです。
動力用についてはただいま作成中ですので、しばらくお待ちください。


Tomixの電車用台車は全部同一の考え方で改軌出来ます。

1.分解
  台車の芯となるブロックの左右に2mm程度の穴が空いておりますので、そこに1.5mm程度の細い棒(ドライバー等)を差し込み、手応えがあるまで押し下げます。


2.治具
  下図のような治具を作成します。

  2mmタップが板の端ギリギリですので、注意してください。
  私は0.5tの洋白板で作りました。

3.加工


  治具を上の写真のようにネジ止めしてセットし、1mmの穴を開けます。(ボケててすいません)


こんな感じになります。(作例はちょっとずれてしまいました)この穴には1.4mmのタップを立ててください。
さらに、腕の先を1.75mm(論理値)切り取ります。

この部分はあまり正確でなくても1.75mm以上カットしていれば良いと思います。


4.中心部の加工
  幅の切りつめを行います。左右を1.75mm(論理値)ずつ切り取ります。

左が加工前、右が加工(切り取り)後です。ちょうど端にあるツノの様な出っ張りの付け根あたりがキリトリ線になります。
台車側板裏側には集電板を止めるボッチが出ています。この「芯」に取り付けるさい干渉する部分はあらかじめ削っておいてください。

5.集電板
  ツノの部分を若干外側に傾けると良いようです。
  コレは、床板の円弧状のスリット部をどのくらい広げるかによって変わってきますが、まっすぐのままだときついようです。


6.組立
  加工した台車側板を中心の「芯」に差し込み、新しく開けた穴に1.4mm×2(or3)のネジを入れます。
  ちゃんと出来ていれば、ネジは芯の2mmの穴の外側に接する位置に頭を出して、台車枠が外側に抜け出なくなるはずです。
  
  裏側から見るとこんな感じです。    横はこんな感じ(あまり変わらないか・・)  上からはこんな感じ


7.おまけ

  この二つ、あまり変わらないように見えますが、右側の台車は「芯」の部分の下側を斜めにカットしています。
  加工を終えて横から見てみると「芯」の下側が横から見えるのに気づきました。
  16番の時も見えているのですが、肌がきれいなのと下側がつながっているためか余り気になりません。
  しかし、端面をカットしたさい「切断面」になり肌が荒れたため目立つようになったようです。
  13mm化のさい、オリジナルの台車枠ロック用の「かえり」を切り取るため、「芯」の下側は不要になりますので、
  その際、見える部分をカットしたのが右側と言うことになります。
  本当は、「芯」の台車側板を差し込むスリットを残して、その下側を全部切り取るべきでしょうけれど、それはちょっと
  大変なもんで、今回はやっていません。
  おやりになるかどうかは、皆様の判断にお任せいたしますが・・・


01/01/03記