KATO DE10

基本的には、スパイクモデル製車輪に同封されている解説書通りに行いますが、
いくつか気づいた点もあげておきます。


B側台車ギヤボックスの加工例です。左が16番、右が13mmです。
解説書では、集電板押さえまで削るように指示されていますが、
組立後の安定性を考えると1.75mmずつ削って残しておいた方がよいと思います。


加工後のギヤボックスを横から見たところです。


16番の台車と、13mmに加工後の台車を並べるとこうなります。


こちらはA−A−A側台車のギヤボックスです。
よく見ていただければお分かりになると思いますが、集電板の各軸の前側(写真で言うと左側)を全て削っています。
これは、改軌の際集電板がギヤボックス側に近づくため、ギヤボックスの下側カバー取り付けのツメと
ほぼツライチになり、ココを削らないと集電板が外側に押し出され、走行抵抗になる場合があります。
(この部分は解説書には書かれていません)


集電板関係の加工です。
13mmにすれば、集電板の先端はそのままなら車体側の集電板に接しなくなります。
先端を切断し、継ぎ足すという手段がありますが、なるべく半田付けをしたくなかったので、
集電板を曲げ、床板や車体側集電板を加工して接触させるようにしました。


床板の加工をします。
台車側集電板立ち上がり部の車体側欠き取りを、内側に斜めに削って開口部を広げます。


車体側集電板、接触部分のカバーの内側をそっくり切り取ります。


上記加工が終わったら、実際に台車を取り付け、実地検分の上、台車側集電板の
曲げ具合を検討します。
曲げ方ですが、文書にすれば、「先端部を外へ、水平部は外を少し持ち上げるように曲げてください。」
となります。


組立の際の落とし穴を一つ。
このギヤボックス頭部のカバーですが、シッカリはまっていないことがあります。
左右4カ所のツメがシッカリ入っていることを確認してください。
シッカリ入っていない場合、直線は問題なく走りますが、カーブ通過の際、
左右どちらかの首振り幅が少なくなり、脱線する確率が高くなります。


レタリングはしてませんが、こうなります。


01/01/06記